「初体験の年齢」都道府県ランキング

相模ゴム工業は、全国を対象に実施した日本最大規模の調査「ニッポンのセックス2018年版」の調査結果を順次公開しているが、このたび「初体験の年齢」に関するデータが公開された。

「初体験の年齢」の都道府県ランキングで、“最も初体験の早い県”となったのは沖縄県で、平均は19.69歳。反対に最も遅いのは奈良県で20.98歳だった。東京都は2番目に遅い20.93歳という結果に。

男女別で見ると、“最も初体験の早い県”は、男性が新潟県(19.74歳)、女性が和歌山県(19.29歳)で、東京は男性が28位(20.58歳)、女性が47位(21.27歳=最も遅い)だった。

☆東京・渋谷での街頭インタビューの結果

東京の女性は「初体験が早い」というイメージが強く、この結果には驚きの声が多数。「東京女性の初体験年齢は何歳だと思うか?」を聞いたところ、平均年齢は16.214歳だった。