“お笑い養成所のH事情”暴露

4月15日に放送されたバラエティ番組「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)で、女芸人が“養成所のH事情”を明かした。

番組はこの日、「紅一点のブス」をテーマに進行。自称“ブス”メンバーの女芸人は、「女芸人自体が“紅一点”じゃないですか? アンゴラちゃん(※にゃんこスターのアンゴラ村長)みたいなのはモテるんですよ。お笑い養成所で、だいたい中途半端な顔の女芸人が、養成所の同期5、6人から告白されて、いい気になってるのは、めちゃくちゃあります」と暴露。

すると、もう1人の自称“ブス”メンバーの女芸人も「私も養成所で30人の中で女1人だったんです。めちゃくちゃモテて、入れ食い状態。本当なんですよ!」と切り出した。

ⓒAbemaTV

これに番組MCのおぎやはぎ・矢作兼が「(養成所時代にHした芸人で)売れた人っているの?」と聞くと、「売れた人はいないです」という返答にスタジオ大爆笑。

ⓒAbemaTV

小木博明は「芸人同士であるらしいもんな。養成所とかで、そういう女に手を出している男は売れないんだよ。これ“あるある”なんだよね」とコメントし、大久保佳代子も「そんなとこで満足しているような男はダメだよね。もっと上にいかないと」と意見した。