蒼井そらが“出生前診断”受けなかった理由告白

双子の出産を控えている元AV女優の蒼井そら(35歳)が4月21日、公式ブログを更新。出生前診断を受けなかった理由を明かした。

21日付けのエントリー「出生前診断。」では、「元AV女優が子どもを作ることもそうだけど単純に双子(多胎)だったら? 障害があったら? 産まれてからの将来は? 育児は? 教育は? 考え過ぎなほどいろんな事を考えてました」と告白。妊活に踏み切ったのは、「自分の中で全部GOが出た時点」だったという。

続けて「双子だと分かった時にはそりゃびっくりはしたけどそんなに慌てることはなく受け入れは早かったと思います」と、妊娠判明時の心境を告白。そして現在通っている病院での初めての検診の日に渡された書類の中に、出生前診断の説明が書かれた紙が入っていたと明かした。

View this post on Instagram

8 months pregnant. #twinsbaby

A post shared by AOI SOLA (@aoi_sola) on

現在35歳の蒼井は「高齢出産になるので安心や準備の為にやっておいた方が良いのかな?とは思いました」と正直な気持ちもつづるが、結局は「確率が出るだけの診断や流産の可能性があるという検査をやる必要性を感じませんでした」とのこと。「妊娠検査薬に一喜一憂してやっと授かった赤ちゃんをつらいつわりを乗り越えて20週までお腹で育てて障害があるからと堕胎するなんて絶対出来ないって思った、、、」と、出生前診断への思いを明かした。

そして「妊娠12週くらいに妊婦が全員やる初期の【スクリーニング検査】と言うものがあったんだが これは心臓がちゃんと機能してるか、手足がちゃんとあるか、首の浮腫が無いか、とかを少し時間をかけて見る検査。てかこれだって、ある種の出生前診断なのでは?」とつづり、「私は結局出生前診断はしませんでした。なぜならこの段階で指摘されなかったからだと思います」と告白。

蒼井は「もし何かを指摘されていたら血液での出生前診断はしていたかな? と思ったり思わなかったり」するも、「まーでも、旦那さんと話しをして結局どんな結果であれ、産むならやる必要ないよね? という事で落ち着きました」とつづった。

最後は「明日から正産期(妊娠37~41週)に突入して いつ産まれても良い時期なるけど それでもまだ突然心臓動いてないって言われたらどうしようとか思うし とりあえず今は、無事に元気に産まれて欲しいって気持ちでしかない」「帝王切開だけど 取り上げた時に2人ともちゃんと泣いてくれるか、期待と不安が入り混じってます」とブログを締めくくっている。