中国人観光客“爆抜き”の実態

中国人ジャーナリストの周来友氏が、5月9日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京系)に出演。来日中国人が風俗で抜きまくる“爆抜き”の実態について語った。

中国からの観光客が大挙して来日し、たくさん買い物をしていく“爆買い”が話題になったのは記憶に新しいが、周氏いわく、いまは「爆買い、爆食い、夜は爆抜き」というのが中国人の間で人気なのだという。

もともと、中国はポルノ規制が厳しく、中国産のアダルトビデオが存在しないため、中国の男性は違法にアップロードされた日本のアダルトビデオを見ているということもあり、日本の女性に憧れを抱く人が多いのだとか。“爆抜き”人気の背景には、そうした日本人女性と一戦交えたいと願う、中国人の強い願望があるようだ。

また、日本の風俗店側にも事情があると、周氏は語る。周氏いわく、数年前までは日本の風俗店は外国人禁止のところが多かった。しかし、日本人の草食化や不景気により、閑古鳥が鳴いている店も出始め、中国人観光客を受け入れるところが増えてきたという。そうした噂は瞬く間に広がり、現在は個人の観光客だけでなく、“爆抜き”ツアーを組んで来日しているそうで、申込みが殺到しているそうだ。

さらに、日本の女性を中国に招いて愛人契約を結ぶ、というパターンも増えてきており、1か月でン千万円稼ぐ闇ブローカーが存在すると指摘。周氏は「食事だけもあるけど、その必ずそのあと色々ね」「(出演していた女性陣に)行かないでよ!ダメだよ!」と忠告していた。