紗倉まな「7年経っても未だに撮影は慣れない」

セクシー女優の紗倉まな(26歳)が5月23日、自身のInstagramで、“本業”への思いをつづっている。

“本業”の撮影だったという紗倉だが、「7年経っても未だに撮影は慣れない」という。「エロさも技術も足りないと感じるし、自分に需要はあるのだろうか、常々悩んでる」との思いを抱えながら、撮影に臨んでいるそうだ。

また、「緊張をして自信をなくして落ち込むのは、アウェイな場所だけでなく、ホームだと思っている場所でも一緒。生きづらさは魂とその容器(肉体)の両方に宿っているのだから、いつまでも自分の不適合ぶりが変わることはないのだろうな、と時折絶望する」とつづった。

とはいえ、仕事が楽しくないわけではなく、「今回の撮影はスペシャルな環境の中で行ったので、癒しと励みの連続で凄く楽しかった」とのこと。最後は「AV作品は思われている以上に幸福度の高い環境の中、思われている以上に全力で必死にやっています」と結んだ。