「しまくり先生」アルピー平子に“ヤバすぎる嫁”涙

お笑いコンビ・アルコ&ピースの平子祐希(40歳)が、9月4日に放送されたバラエティ番組「チャンスの時間」(AbemaTV)に“しくじり先生”ならぬ“しまくり先生”として出演。夫婦愛を力説した。

ⓒAbemaTV

番組にはこの日、生徒役として、千鳥の2人、グラビアアイドルの手島優、アルコ&ピース・酒井健太、流れ星・瀧上伸一郎の“ヤバすぎる嫁”小林礼奈が参加。

教壇に立った平子は「1週間で3回、嫁を抱く」ためセルフは必要ないと明かし、千鳥・ノブは「これはすごいわ」と拍手、手島も「(結婚して)13年なのに!?」と驚嘆した。

ⓒAbemaTV

続けて平子は「年間にすると144回、結婚生活13年の僕は、約2000回以上は嫁を抱いてきた」と話し、ノブは「壊れるよ、もう嫁が」と驚愕の数字に苦笑い。しかし手島は「全然いける!」と笑顔で答え、「女の人も抱いていただかないと、“女度”がなくなっちゃってヒゲとか生えてきちゃうし、女性としての自信がなくなっちゃう」とアツく語った。そして、“ヤバすぎる嫁”小林は「私はもう、毎日やりたいです」と発言。男性陣を「すげえな、女の人は……」と驚かせた。

そうした中、「飽きないっすか?」と素朴な疑問をぶつける千鳥・大悟。しかし平子は「飽きないんだよなぁ」と、いかにも感慨深そうに答え、スタジオは大爆笑に包まれた。

ⓒAbemaTV

なお、その後も「どんなときにするのか」などについて熱く持論を語る平子の話に聞き入っていた“ヤバすぎる嫁”小林は「つらくなってきちゃう。こういう人と結婚したかった」と、まさかの涙を浮かべる事態に……。“イチャイチャが本番”だと語る平子に小林は共感し、大悟も「たしかに。付き合いたての頃はその感覚」と同調した。

☆「チャンスの時間」
放送日: 9月4日(水)夜11時~夜12時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/CYiQUdS7VFpvX9