グウィネスが“SM系ランジェリー”販売

グウィネス・パルトロウ(46歳)が、自身のライフスタイル・ウェブサイト「グープ」から、革製のBDSM用ランジェリーセットを販売している。

以前にも同サイトで24金のバイブレーター(約165万円)などを販売して論議を呼んだグウィネスだが、今回はBDSMの世界に着目したようで、レザー製のブラとショーツセット(約8万7000円)や黒のムチ(約3万3000円)は、消費者の「ファンタジー」を満たすと約束する。

同ランジェリーセットは、ヌードカラーのサドルレザーを使いイギリスで手作りされたもので、Oリングとバックルがあしらわれたデミカップのブラに、お揃いのショーツといったものだ。

グウィネスは先月、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を最後にマーベリック・シネマティック・ユニバース(MCU)のペッパー・ポッツ役から退くことを発表しているが、女優業自体を引退するつもりはないようで、「女優を辞めるなんて言ったことはないわ。私はフルタイムでグープに情熱を注いでいるだけよ。グープの創立者でCEO、これが私が四六時中している仕事。そして、子供達の面倒を見たり、グープとの仕事をしながら出来て、私に適した仕事の話が来た時に限り(ハリウッドの仕事は)参加できるものなの」「いま現在は女優業に全力を注いでいないだけだと思う」と話していた。